前回3Dプリントしたダルマの表面を仕上げて型取りをしました。

まずは綺麗に

hobby-20141104b

水で綺麗に洗浄し乾かします。完全に乾燥させたかったので1週間程放置しました。

ナイロン用プライマー使用

hobby-20141104c

ここは、いつものサフェーサーを吹くのですがポリアミドなのでナイロン・PP用プライマーを吹いた後にサフェーサーを吹きました。今回初めての素材なので仲間に聞いてみたのですがみんな知らない様で私の推測で使って見る事にしました。結果はうまくいきました。

今回はブロックで枠を作成

hobby-20141104d

シリコンを流すために今回はブロックを使用しました。

粘土で固定

hobby-20141104e

組み上がった枠に粘土を敷き詰めてダルマを固定しました。

シリコンを流し込む

hobby-20141104f

気泡に注意してシリコンを流し込む。

hobby-20141104g

片面が硬化したらシリコン同士が引っ付かないように離型剤を塗る。今回はメンタームを使用した。

hobby-20141104h

反対側も同じようにブロックをセットしてシリコンを流し込む。

無事、型取りできた

hobby-20141104i

無事に型取りできた。よかった。次はレジンキャストを流し込んで複製します。

関連動画

今回紹介した商品、又は関連商品はコチラから購入可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事