前回の記事「自転車のバルブを英式バルブから米式バルブに変更。」バルブを英式から米式に変更しました。バルブと合わせてポンプも購入したので空気入れも紹介します。

Panaracer楽々ポンプ空気圧ゲージ付き。

Panaracer楽々ポンプ空気圧ゲージ付きを購入しました。

空気圧ゲージ付き。

0から10bar/1000kPaまで目盛りがあります。加圧は7bar/700kPaまで。目盛りの外にある赤の矢印付きリングは回す事ができます。

指定空気圧確認。

タイヤ側面に表記されている指定空気圧を確認。

空気を入れる。

米式バルブになったのでアタッチメント無しでそのまま装着。差し込んで。

折りたたむ。
楽に空気を入れる事ができました。

今回紹介した商品または関連商品はコチラから購入可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事