自転車のバルブを英式バルブから米式バルブに変更。

自転車バルブが英式なのだが使い勝手が悪いので米式バルブに変更する事にした。

英式バルブパーツを外してムシを引っこ抜く。

キャップ取って。

袋ナット取って。

ムシを引く抜く。当然ですがタイヤの空気全部抜けます。

米式バルブパーツを取り付ける。

まずはプランジャーを取り付け。

差し込みました。

次にアダプターを取り付け。

最後にキャップを取り付けて完了。見た目ゴツくなりました。あとは空気を入れるだけです。
空気入れの記事は次回「空気圧を管理して自転車に空気を入れる。

今回紹介した商品または関連商品はコチラから購入可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事