自転車の虫ゴムは自分で変えましょう。

自転車のタイヤの空気が抜けていて空気入れてもパンパンにならない時があると思います。パンクを疑う前にまずは虫ゴムを調べましょう。

プランジャーを取り出す。

item-20160810a

キャップと袋ナットを外します。
item-20160810b

プランジャー(ムシ)を取り出します。

ゴムの状態を確かめる。

item-20160810c

虫ゴムを確認します。切れていました。

なんか肌色が嫌だw

item-20160810d

100均で虫ゴムを購入。本当は黒色が良かったのですが、これしかなかったので選択しました。切り分けてないタイプで1mありました。自転車以外にも使い道あるので切り分けていないタイプが私には合ってます。

適正寸法に切断。

item-20160810e

適正のサイズに切断します。

根元まで、かぶせます。

item-20160810f

根元までかぶせます。なんか肌色なので・・・
後はバルブに戻して空気を入れて終了です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事