アイコンをWEBフォントで利用するためにFontAwesomeを実装する。

今回はCDNで実装する。

web-20150630b

CDNかダウンロードで利用ができる。今回はCDNで利用する事にする。

CDNとは・・・コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(Contents Delivery Network)の略で、ウェブコンテンツを配信するのに最適化されたネットワークのことを意味します。 そのサーバーが、代わりに配信することで、負荷が分散され、Webサイトの表示速度の向上にもなる仕組みになります。 ここでいう「別のサーバー」というのが、「CDNサーバー」です。 従来は高価なものだったのですが、昨今では「Cloud Flare」のような「無料CDNサービス」が注目を集めています。

下記、URLよりソースを取得。(2015年06年30日)
URL:http://fontawesome.io/get-started/

  <link rel="stylesheet" href="//maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.3.0/css/font-awesome.min.css">
このソースを<head>内にペーストします。
これで準備完了。

表示したいアイコンを選別。

web-20150630c

下記、URLよりアイコン選別。(2015年06年30日)
URL:http://fontawesome.io/icons/

web-20150630d

たくさんアイコンがあります。使用したいアイコンをクリックすると詳細が表示されます。

web-20150630e

ソースコードがあるのでコピペします。YouTubeのアイコンを選択しました。

  <i class="fa fa-youtube-play"></i>

←これ貼り付けたや~つ。

更にclassを追加で色々表示。

さらにデフォルトのclassを割り当てることで表示を変えることができる。

でっかくした。。。

下記、URLより詳細を確認。(2015年06年30日)
URL:http://fontawesome.io/examples/
web-20150630f

このページには追加するclassの説明が書かれてるので確認してみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事