8月6日は広島市へ原子爆弾を投下された日

memo-20150806a

1945年(昭和20年)8月6日に広島市に原子爆弾が投下された。忘れないでおこう。

広島市への原子爆弾投下では、第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分に、アメリカ軍が日本の広島市に対して投下した原子爆弾(以下『原爆』と記す)に関する記述を行う。

これは実戦で使われた世界最初の核兵器である。この一発の兵器により当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万~16万6千人が被爆から2~4カ月以内に死亡したとされる。

ウィキペディア:広島市への原子爆弾投下

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事